忍者ブログ
2018 09
≪ 2018 08 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 2018 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



皆様お久しぶりです。
ずいぶんと間が空いてしまいましたが、航空部二年生となりました谷島がお送りいたします。

まずはこちらをご覧ください。


そう、なんと! あの! 我らが!

JA2289が帰ってきました!!

問題と困難だらけの一年間を乗り越え、後は耐空検査のみ。
つまり、我々にできることはすべて完了しました!
まさに感無量です。

そんな今日の活動参加者は、

井筒教官、久野教官、高尾、谷島、
そして
(画像の解像度につきましては細心の注意を図っておりますが、
閲覧の際はご注意ください)

最高の喜びを表現した望月の五名です。

では、気を取り直して内容です。
まずは帰ってきた右翼とのご対面



使ったレジンが違うのか、色が全く変わりました。おいおい。

そのご右翼の重心の計測をして、待ちに待った組み立てです。
そこはかとなく緊張しながら組み立て始めると、
ガコンッ
案外簡単に組みあがりました。
問題視されていた右翼は無事に組みあがったのです!
その後はスタビライザー等を取り付けて、再度重量測定。
無風状態のためか上手くいったようで、久野教官もご満悦です。
そして各種寸法を測り、問題ないことが確認されました。

ちゃんと仕事もする望月の図


最後に前席の固定バラストの取り付けで四苦八苦しましたが、無事固定。
解体して、グリスを塗りたくり今日の活動は終了となりました。

最初はどうなることやらと思い、発狂寸前まで行きましたが、
こうしてみると案外なんとかなるものです。
この先もしっかりと整備をし、
また本格的に活動ができることが非常に楽しみであります。

次回は、耐空検査です。
五月の十九日、竹笋生(タケノコショウズ)の候になります。
是非、タケノコのようにぐんぐん空へ上がっていってほしいものです。

それでは長々と失礼いたしました。
PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
HN:
工学院大学航空部員
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
フライトすること